いっぴん便り

八ヶ岳南麓 標高1000メートルの工房よりお届けいたします。
052018年5月
>

僕の好きなオダマキ

どういうわけか、ススキの中にオダマキが。どうしてでしょうね、こんな所に。去年は無かったけど。とっても窮屈そうにしています。でもでもススキの青葉にオダマキの紫がとても綺麗です。



282018年4月
>

なんとも素晴らしい新緑です。

いよいよゴールデンウィークが始まりました。工房周辺の林はこんな感じでほんとに綺麗です。ギャラリーもいつもより綺麗にしてお客さんお迎えする準備してます。玄関の看板もリニューアルです。エントランスが明るくなった感じがします。が、決してユニクロではありません。ご注意下さい。



222018年4月
>

看板、新たに

東京、八重洲展が終わりました。ご来場くださったお客様に厚く御礼申し上げます。そして皆様からの応援のお言葉や美味しい食べ物、素敵なお花、大嫌いなお酒のプレゼントに気を良くしてさらにいい作品作って行かないと、と思っています。ありがとうございます。今回は会場の広さ、作品の質、共にこれまでで一番だったと思っています。同時に展示作品の数も最多で、積み込み、展示、会場からの搬出、工房での荷下ろしも大変でした。作品の発送に伴うお手入れ、梱包も時間がかかっています。まだまだまとまっていません。そしてゴールデンウィークも直ぐです。することたくさんあります。取り敢えず以前から気になっていた看板を作り替えました。ほらほら、よくなったでしょ。気持ちを切り替え次に向かいます。最後にもう一度申し上げます。ご来場のお客様、画廊の方々、工房スタッフの皆んな、運送屋さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。



152018年4月
>

こんな感じで個展やってます。

さすがに田中八重洲画廊さん風格があります。作品もグレードアップして見えます。広くて明るく少しクラシックな会場です。どうぞお越しくださいませ。僕は毎日会場でお待ちしております。



072018年4月
>

咲き誇るコブシ

見事に開花した隣の空き地のコブシ。うねうねと奇怪な樹形の大木です。花びらも大きくて開きっきたチューリップみたいです。桜よりも早く開花して春の訪れを感じさせてくれます。この辺りではよく見かけますがこんなに大きな木はなかなかないです。見事の一言。さて、いよいよ個展が始まります。どうか、花が咲きますように。
なんか、せっかくの写真ピンと合ってません。ごめんなさい。携帯替えてまだ使い方よくわからないです。



012018年4月
>

触っちゃダメよ

コロコロした丸い木を積み重ねてみました。あらら、なんとも奇跡的なバランス。クシャミしただけでもガラガラゴロン。但し、作業台の上で積んでしまったのは大失敗。個展前で大事な時なのに一切仕事が出来なくなってしまいました。あらあら、またやらかしました。



242018年3月
>

新たな展開

おかげさまで、神様がアイデアを授けて下さいました。棚はほぼ出来ました。そしてこの棚が新しい造形の展開のキッカケとなり、なんか、今までにない作品が出来そうです。だから面白がって仕事してます。子供の工作の時間みたいです。これはこれから作るレリーフの元です。やって見なけりゃわかりませんが、すごーく面白くなりそうです。地面にちょこんと出ている小さな石が実はとてつもなく大きな大きな岩の一部だったりとかまあ、そんな感じです。個展でご覧頂くつもりです。



182018年3月
>

キャビネット作ってます

個展が次第に近づいてきました。少しばかり焦りを感じています。今、作っているのはキャビネットです。デザイン考えながら作業を進めているんですがどんな感じに成るのかまだ未定です。あっ、そうそう、これこれ。って感じになるまでひたすら作業。デザインの神様、どうか私に素敵なデザインをお授けください。



102018年3月
>

雪が

昨夜、雪が降りました。ほんのうっすら雪景色。足元を見たらこんな感じ。あら、綺麗。でも靴まで写っていました、失礼しました。



042018年3月
>

谷桜酒造蔵開きに行って来ました

昨日、谷桜の蔵開きにお世話になっているお客さんのお誘いで行って来ました。なんと送迎もしてくださるって事でお酒も飲んでも良いんです。タネマフタの寺西さんも一緒です。酒蔵の社長さんが色々説明して下さるんですがその後のひっそりとした蔵の様子です。説明の後はいよいよお酒の試飲会。普段口に出来ない高価なお酒も飲み放題。以前、お客様から頂いた吟醸酒サクラサクラももちろんありました。その時の印象は初めは蕾で次第に3分咲き、7分、そして満開になる感じでまさにサクラサクラでした。昨日のサクラサクラは蔵開きの特別バージョンらしくて初めからチョー満開。試飲会の為にすでに瓶が開いていて開いた状態だったかもしれません。開栓したての蕾のなんとも繊細な味と香り、少しずつ変化するあじわいを楽しむことは出来ませんでした。八重咲きの大輪の花が埋め尽くしてる感じです。これはこれで美味しくて豪華絢爛。堪能させていただきました。酒蔵の皆さん。太っ腹の社長さん、誘ってくださり送迎までしてして下さったM様。感謝申し上げます。ありがとうございました。昼飲む酒は効きますね。ごちそうさま。



242018年2月
>

チャレンジあるのみ!

あらあらら、またまた選外です。でも諦めずに何度でも挑戦します。だって、うっかり審査員の方が入選にしちゃう事だってあるかもしれないし、封筒に入選の紙を入れちゃうかもしれないし、何度も懲りずにチャレンジしてくる作家を哀れんでって事もあるかもしれないし。まあ、そんなことは無いとは思いますが、いつか、仲間のみんなで松本クラフトに出て見たいんです。お客さんや他の作家の方々と色んな話をし、新たな刺激っていうか、時間を過ごして見たいです。きっと叶う。うん。



172018年2月
>

1,5人掛け、ほっこりベンチ

ベンチ作っていたら、面白くなってくて、アイデアが浮かんで来てこんなベンチも出来ました。ゆったり一人、ぎゅうぎゅう詰めで二人。小さなお子さんとだったらちょうど良いサイズ。絵本なんか読んであげてる様子が頭に浮かびます。



PAGE TOP