いっぴん便り

八ヶ岳南麓 標高1000メートルの工房よりお届けいたします。
092018年6月
>

スリーピークス

明日はスリーピークスです。工房の駐車場も協力します。しかし、なんともかんとも八ヶ岳を走って登り降りするなんて信じられない。いやはや超人です。そういう僕は一度も登ったこと無いんです。ガチガチのインドア派



032018年6月
>

今年はお花がビッシリ

今年はヤマボウシにたくさん花が咲きました。冬の時から花芽がたくさん付いていたので予測していましたが本当に見事にビッシリ付いています。こんなに沢山だと実を付けた時、樹がその養分を賄えるのか少し心配です。半分ぐらいに間引いてやった方が良いんでしょうか。詳しい方おられましたら教えてください。



262018年5月
>

シジュウカラはどこに?

いつもならシジュウカラが忙しく餌を運んでるんですが今年は静かです。家主のいない巣箱も寂しそうです。どうしたのかな。春先にこの物件を見に来ていた夫婦もいたのに。気のせいか森からもシジュウカラの声も聞かれません。アレレ。
繰り返し、繰り返し餌を運ぶ親鳥の様子、巣箱から聞こえるヒナたちの餌を催促するぴーぴーっていう可愛い鳴き声。うーん。残念。来年は見たいな聴きたいな。



202018年5月
>

緑がしっかり、花粉もしっかり

連休の頃と思うと葉っぱも多くなり色がしっかりしてきました。あのなんとも美しいもえぎ色は無くなってしまいました
昨夜の雨で木々が元気になったようです。ハツラツとした感じです。エネルギーを感じます。だから知りませんが花粉もかなりパワフルです。時には薬も効かなくなり鼻栓してても溢れ出す鼻水にダム決壊の様相です。
お客様、ティッシュ片手に鼻水ズルズルの僕にご理解をお願いいたします。
 



132018年5月
>

よりによって。

工房のドアを開けた状態をキープするのに樽材立て掛けて固定しています。その樽材を置くところにスミレが自生してます。此処は横切り盤の切り屑が降り注ぎいつも粉まみれ、そして樽材を置かれたりなんともヘビーな環境です。工房は広いからわざわざこんな所を選ばなくても良いのに。先週のオダマキもそうですが何故かな。よりによって。僕に似て、一寸変わってるのかな。



052018年5月
>

僕の好きなオダマキ

どういうわけか、ススキの中にオダマキが。どうしてでしょうね、こんな所に。去年は無かったけど。とっても窮屈そうにしています。でもでもススキの青葉にオダマキの紫がとても綺麗です。



282018年4月
>

なんとも素晴らしい新緑です。

いよいよゴールデンウィークが始まりました。工房周辺の林はこんな感じでほんとに綺麗です。ギャラリーもいつもより綺麗にしてお客さんお迎えする準備してます。玄関の看板もリニューアルです。エントランスが明るくなった感じがします。が、決してユニクロではありません。ご注意下さい。



222018年4月
>

看板、新たに

東京、八重洲展が終わりました。ご来場くださったお客様に厚く御礼申し上げます。そして皆様からの応援のお言葉や美味しい食べ物、素敵なお花、大嫌いなお酒のプレゼントに気を良くしてさらにいい作品作って行かないと、と思っています。ありがとうございます。今回は会場の広さ、作品の質、共にこれまでで一番だったと思っています。同時に展示作品の数も最多で、積み込み、展示、会場からの搬出、工房での荷下ろしも大変でした。作品の発送に伴うお手入れ、梱包も時間がかかっています。まだまだまとまっていません。そしてゴールデンウィークも直ぐです。することたくさんあります。取り敢えず以前から気になっていた看板を作り替えました。ほらほら、よくなったでしょ。気持ちを切り替え次に向かいます。最後にもう一度申し上げます。ご来場のお客様、画廊の方々、工房スタッフの皆んな、運送屋さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。



152018年4月
>

こんな感じで個展やってます。

さすがに田中八重洲画廊さん風格があります。作品もグレードアップして見えます。広くて明るく少しクラシックな会場です。どうぞお越しくださいませ。僕は毎日会場でお待ちしております。



072018年4月
>

咲き誇るコブシ

見事に開花した隣の空き地のコブシ。うねうねと奇怪な樹形の大木です。花びらも大きくて開きっきたチューリップみたいです。桜よりも早く開花して春の訪れを感じさせてくれます。この辺りではよく見かけますがこんなに大きな木はなかなかないです。見事の一言。さて、いよいよ個展が始まります。どうか、花が咲きますように。
なんか、せっかくの写真ピンと合ってません。ごめんなさい。携帯替えてまだ使い方よくわからないです。



012018年4月
>

触っちゃダメよ

コロコロした丸い木を積み重ねてみました。あらら、なんとも奇跡的なバランス。クシャミしただけでもガラガラゴロン。但し、作業台の上で積んでしまったのは大失敗。個展前で大事な時なのに一切仕事が出来なくなってしまいました。あらあら、またやらかしました。



242018年3月
>

新たな展開

おかげさまで、神様がアイデアを授けて下さいました。棚はほぼ出来ました。そしてこの棚が新しい造形の展開のキッカケとなり、なんか、今までにない作品が出来そうです。だから面白がって仕事してます。子供の工作の時間みたいです。これはこれから作るレリーフの元です。やって見なけりゃわかりませんが、すごーく面白くなりそうです。地面にちょこんと出ている小さな石が実はとてつもなく大きな大きな岩の一部だったりとかまあ、そんな感じです。個展でご覧頂くつもりです。



PAGE TOP