いっぴん便り


いっぴん工房より、
工房の様子を
毎週お知らせしています。

今日は秋分の日です
22.09.12 

今日は秋分の日です

林の葉っぱが少しずつ紅葉の準備をしています。暑い夏に耐え、虫に喰われ、強風にも耐え、なんともたくましい姿になりました。春の新緑の時に見たみずみずしくて透きとおるようなあの葉っぱです。虫に喰われた形がなんともおもしろく感じられます。
今日は秋分の日。これから一気に秋に、そして冬に向かって生きます。そしてお正月です。一年のうちでこの時だけは、お酒をたくさん飲んでも許されるありがたい、ありがたいお正月です。でもその前にお客さんから頂いている注文の作品を作り、豊川の個展も頑張らなくちゃ。




オープンアトリエやってます
16.09.12 

オープンアトリエやってます

オープンアトリエが開催されています。今年はこんな立派な幟も出来て、スタンプラリーやアンケートもやってます。昨日、いっぴん工房にいらしたお客様は20組以上で今迄で一番多いような感じです。さて、今日はどんなかな。ところで写真を良く見てください。幟の横に渡す棹が木製です。幟を立てるとき横竿が見つからず急きょ木で自作しました。なんとか出来上がり幟を持ち上げたときポールから音がします。なんと横竿はポールの中に収納されていたみたいです。たしか、幟を受け取ったときそんな説明があったような。木工屋さんぽっくって、まっいいか。




3人展の準備が出来ました
04.09.12 

3人展の準備が出来ました

3人展の会場の様子です。鉄とガラスと木でそれぞれの特徴のある作品が展示出来ました。明日、5日から10日まで。どんなお客さんがいらして下さるでしょうか。僕は6日と10日がお店番の日です。お時間のある方は覗いてみてください。




サイドテーブル椅子製作中
02.09.12 

サイドテーブル椅子製作中

既に9月になりました。恒例の北杜市白州町、金精軒での一月にわたるロングランのグループ展も8月31日で終了しました。今月は5日からの工房の近くにある平山郁夫シルクロード美術館別館のギャラリー亜糸花での3人展があります。これは5日間だけの短い期間です。でも、搬入やお店番、搬出とやることは同じです。ただ場所が近いので、工房の第二ギャラリーのような感じでお客様を紹介出来そうで楽しみです。鉄の作家さんの上野さんとステンド作家の亀田さん、そして僕の木工の組み合わせです。会場の様子は次回のいっぴん便りでご紹介します。
さて工房では、サイドテーブル椅子を作っています。2脚をソファーの様に並べてお使いになるお客様なので、2客が左右対称になる様に木取りに特に気を使いました。ウォルナットの大きな1枚板を3枚も使いかなり贅沢な椅子になっています。ようやくここまで進みました。後は座り心地を確認しながら背もたれを成形し磨き上げたら完成です。この椅子は工房の椅子の中でも特に手の掛かる椅子の一つです。ホントやっとここまで出来ました。これからの背もたれの成形にすべてがかかっています。気合を入れてがんばります。
と言う訳で次の更新は2,3日後の予定です。お楽しみに。




いっぴん工房のススキ
25.08.12 

いっぴん工房のススキ

今年もススキが穂を出しました。何だか年々大きくなっているような気がします。ススキを見ていると、秋を感じるんですがこの残暑は何でしょうか。昨日は特に暑くて工房の中の気温は35度、かなり暑いです。年々暑さがつらく感じるようになってきました。子供の頃はジリジリと焼ける様な日差しが楽しく感じられ、大人たちの暑さを嫌悪する言葉の意味が理解できなかったのですが、今はめちゃくちゃ理解できます。体力を意味も無く消耗させて行く暑さに、恐れさえ感じています。ただ、僕にもまだ子供の心が残っているのか、昼間の一番暑い時間にわざと炎天下、日差しでかんかんになったアスファルトの道路や工房の砕石の駐車場をぶらぶらしてしまいます。異常な暑さが快感となり、更に疲労を積み重ねさせているようです。ああ、今日も暑くなりそうだー。




よみがえったクワズイモ
12.08.12 

よみがえったクワズイモ

今年の冬の寒さで凍りついてしまい、枯れてしまったかに思っていたクワズイモ。手前にだらりと垂れているのがそれです。普通ならあきらめて処分してしまうのでしょうが、だらしない僕はそのそのままの状態で放置したまま。水もやらずに半年以上。ところがビックリ。ふと気が付いたら生き生きとした緑の葉っぱが出て来ていました。今ではこんなに元気に育っています。すごいぞクワズイモ。頑張れクワズイモ。




箸置きと箸
04.08.12 

箸置きと箸

かねてから作りたかった箸置きと箸がようやくできました。特にこの箸はチーク材で出来た優れものです。一般的な四角い断面のものを僕はかれこれ20年以上愛用しています。何より滑りにくいことが有難いんです。特に箸が正しく持てない僕には。お店でつるつるした塗り箸が出て来た時はホント苦労してしまいます。かっこわるいし。
今回はいっぴん工房の箸として何か特徴が欲しくていろいろ考えた末5角形の断面にしました。なんだか縁起がいい感じがするでしょ。唯、作るのが難しくて少しでも角度か狂うといびつな5角形になってしまいボツに。いろいろやってみたんですが、なかなか妙案が出ず、ここだけの話ですが今回は京都の腕利きの職人さんに力をかしてもらいました。その職人さんでも5角形を削るのにはかなり苦労されたとの事。鉋で削って作ってもらっています。綺麗な5角形に仕上がって流石、日本の職人さんの腕に惚れ惚れ、って感じです。僕の腕ではこうはいきません。
と言う訳で、ようやく念願の箸と箸置きが出来ました。ちなみに箸置きは僕が作っているので形も大きさも同じものは一つもありません。




お久しぶりです。
26.07.12 

お久しぶりです。

しばらくぶりに更新をしているような気がします。なんだか、日々忙しく暑くて気持ちは焦りあまりはかどりません。
こんな感じの仕事をしています。夏場はイベント事が多くてホント仕事が思ったように進みません。大丈夫かなー。




かわいいシジュウカラ
12.07.12 

かわいいシジュウカラ

以前紹介した鳥の巣箱にシジュウカラが入ってくれました。雛を育てるため何度も何度も餌を運んでいます。今、えさを与え終わり又新たな餌(緑色の小さな芋虫みたいな幼虫)をとりに行く所です。仕事をしながらこの様子を観察していると、いろいろ工夫していることがわかってきてシジュウカラがかわいくなってきました。嬉しいことに先週の日曜日に無事に巣立って行きました。でも、あれ以来シジュウカラはこの巣箱に一度も来なくなってしまいました。だから、少し寂しいです。みんな元気で育ってくれますように。




新しいハンガー出来ました
30.06.12 

新しいハンガー出来ました

こんな、新しいハンガーが出来ました。久しぶりの新作で実はこの他にシンプルなタイプが2つ出来ました。これからどんな発展をして行けるか僕も楽しみにしています。




チーク材
24.06.12 

チーク材

チーク材で玄関ドアを作ります。ドアの中央部に用いるチーク材の床板を購入しました。7枚で畳1枚分です。厚みは15ミリ、価格はなんと2万円。1枚当たり3000円。㎥計算すると約100万円です。改めて考えてみると高い、かなり高いです。この薄い板一枚が僕がいつも飲んでいるワイン3本分もするなんて、60センチでワイン1本分です。ちゃんと計算してからお客さんに金額を提示すべきでした。今更遅い。
それにしてもチークは高いなー。いいドア作ります。くどいようですが、ちょっと高いなー。どーしよ。だってこれは片面で両面に張るため、もう1セット必要で、枠を組む厚い1枚だって用意しなくちゃ。今日は美味しい(高い)ワインでも買って帰りますか。ちなみに僕は赤専門です。




栗の大きな一枚いたのダイニングテーブル完成
16.06.12 

栗の大きな一枚いたのダイニングテーブル完成

ダイニングテーブルがようやく完成しました。お客さんのリクエストで抽斗をつけたり、天板の下に新聞や雑誌が置けるような棚板を付けたりして思いの他時間が掛かってしまいました。でも出来上がってみると栗の一枚板の迫力、美しさに今までの苦労を忘れてしまいます。かなりいい感じです。今回始めてチャレンジした脚のデザインもスッキリしていて良く調和しているみたいです。完成の連絡をお客さんにした所、直ぐ見に来て下さいました。お客さんも気に入って下さり一安心です。結構疲れました。




大きな栗の一枚板のダイニングテーブル製作中
09.06.12 

大きな栗の一枚板のダイニングテーブル製作中

ダイニングテーブルを製作しています。脚を組み立てて天板をのせた所です。バランスはいい感じです。これからどんな感じに成形して行くかイメージをつかみます。天板が大きくて重いのでのせるだけでも一仕事です。いいテーブルが出来ますように。




栗の一枚板で大きなダイニングテーブル作ります
03.06.12 

栗の一枚板で大きなダイニングテーブル作ります

この大きな栗の板は、長さ3900mm幅が広いところで1200ミリ中央部で950ミリあります。工房にある板の中でもかなり大きなものです。これから、この板を使ってダイニングテーブルを作ります。板の上にあるのが十分の一の模型です。天板の形が面白く、また迫力があるので脚はシンプルな感じにしてみます。さて、どうなるでしょうか。ちなみに平面出しは腕のいい削り屋さんにお願いしました。見れば見るほど見事な栗一枚板です。気合を入れてかからなくちゃ。




ススキが大きくなってきました
26.05.12 

ススキが大きくなってきました

工房のススキが大きくなってきました。僕が植えたのか自然に出てきたのか良くわかりませんが、いつもこのススキはとてもかっこ良く大きくなります。これから、ぐんぐん成長し僕より大きくなってしまいます。また、時々ご紹介します。
今散歩をしていたら、なんと蝉の鳴き声が聞こえてきました。びっくりです。




ホーミー君ありがとう
20.05.12 

ホーミー君ありがとう

工房設立以来の相棒、ワゴン車のホーミー君とお別れすることとなりました。ここ大泉の工房を立てる前に小淵沢に借りていたログハウスの工房に居た時からの付き合いです。10年位になります。展覧会、納品、材料の買い付け時の運搬はもちろん、家族を乗せてドライブしたり、保育園に通っていた賢太郎を毎日送って行きました。その賢太郎も今では小学4年生になりました。ほんとに良く働いてくれました。ありがとう。
お別れする前に、感謝の気持ちをこめてきれいに洗ってあげました。賢太郎も手伝ってくれました。
幸いにも知り合いの木工屋さんがホーミー君を貰ってくれることになり、新たに諏訪ナンバーとなるようです。がんばってね。
ちなみに、画面左に見えるのが新しい相棒です。




結構ムズカシイコトやってます
13.05.12 

結構ムズカシイコトやってます

今、作っているのはお客さんの山荘のトイレの改装工事にともなう、カウンターや扉です。カウンターの天板が上下にうねり、低い方に陶芸家の方が作った手洗い鉢がセットされます。その下にいま写っている扉がつきます。上下の変化とアールの付いた形の為、かなり苦労してしまいました。何でこんな難しいデザインにしちゃったんだろ。作業する時間より考えてる時間の方が長いくらいです。でもなんとか、形になりました。明日から取り付けに入ります。どうか上手くいきますように。




ようやく椅子が納まりました
05.05.12 

ようやく椅子が納まりました

以前、テーブルを作らせて頂いていたお宅です。椅子のご注文も頂いていたのですが、ようやく椅子を納品することが出来ました。かなり長い間お待たせしてしまいました。工房に何度も足を運んでいただき、今までに無い新しいデザインで、そして製作途中で掛け心地をチェックして頂いたり、とくにこのマッサージ椅子は足裏のマッサージまで出来る特別仕様となりました。長い時間お待ち下さり、また何度も打ち合わせにお付き合いして頂きありがとう御座いました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
さて次は、故意にしていただいているお客さんの別荘の洗面所とトイレの改装工事に入ります。先輩の陶芸家による洗面鉢もそろそろ焼きあがって来るそうです。今僕は洗面所に取り付ける鏡を製作しています。お客さんに喜んでもらえ、また僕自身も満足できる仕事が出来ますように。散歩の時間は少し少なくなりそうです。




いい季節になりました
29.04.12 

いい季節になりました

昨日はゴールデンウィークの初日で、このいっぴん工房にも、大勢のお客さんが来て下さいました。お昼になると、陽射しが暑く感じるほどでした。この当たり標高1000mでは今桜が見頃です。林はこんな感じで、ようやく緑が芽吹いて来たところです。実に5ヶ月ぶりの緑です。これから、1日ごとに吃驚するほどの変化を見せてくれます。だからついつい僕は、林に引き寄せられるように・・・・・。仕事はちゃんとしてます。お待ち頂いているお客様、申し訳ありません。お見積もり、デザイン提案をお待ちのお客様。この美しい自然がいいアイデアを与えて下さると僕は確信しています。今しばらく、お時間を。だから、ちょっと、散歩に行ってきます。




満開の桜
21.04.12 

満開の桜

今年も、桜が咲きました。ここには毎年来ています。実は2,3日前にも来てみましたが、7部咲き位でした。今日は満開。青空の下、淡いピンクの花びらが、と言う訳には行きませんが、ともかく満開。豪華、豪華。見に来ている人たちもついつい笑顔になってなってしまうようです。