いっぴん便り


いっぴん工房より、
工房の様子を
毎週お知らせしています。

カリンの天板、チェリーマット仕上げの脚。サークルテーブル出来ました。
01.10.16 

カリンの天板、チェリーマット仕上げの脚。サークルテーブル出来ました。

チークの大きな豆テーブルがお嫁に行ってしまい、ギャラリーがスッキリし過ぎ状態に。久しぶりにサークルテーブルを作りました。天板はモクが入った素晴らしいカリン材です。いつもは厚みを見せて重厚感を出しますが薄くて軽やかな感じに挑戦しました。まあ、カリンの板が薄かっただけですが。それに伴い脚も細めに、エッジを立てて強さを出して。一番のチャレンジはマット仕上げ。木はツルツルに磨き上げるものだと思い込んでいましたがザラザラも有りかなって思いはありました。でも勇気が無かったんです。だって学生の頃から木をひたすらツルツルに磨き上げてきたんです。磨き職人がキズだらけのザラザラの木肌を許すわけにはいかないんです。ホント。失敗覚悟で作って見たらこれもアリ。ある種の木の力を感じるようなそして木肌のぬくもりを感じます。というわけで、個人的にはこのカリンのテーブルは大成功でした。工房にお越しの折には是非、感想をお聞かせ下さい。遠慮しないでマイナスの意見もどんどん言ってくださいね。ズレてる事よくありますので。




ヤマボウシ
24.09.16 

ヤマボウシ

赤い実が緑の葉っぱに映えて綺麗です。今年は花がびっしり咲いていたから実もびっしり。皮をむくと赤みがかったクリーム入りの実があり中に大きめの種が。食べられなくはないけど、ザラザラしてボヨ-ンとしたはっきりしない味、美味しいかな?ジャムにしたいからって実を持って行かれたおばさんもいらしたんですが兎も角、種ばっかりで実は少ないしで大変だったそうです。




オープンアトリエ始まりました
17.09.16 

オープンアトリエ始まりました

恒例の秋のオープンアトリエが始まりました。おかげさまで朝から既に二組もお客様がお出で下さっています。お客さん沢山来てくださるといいです。天気が心配ですが。いっぴん工房は普段どうりにお客様をお客様をお迎えいたしております。お茶やお菓子のサービスやバーゲンも行っておりませんがやる気が無いわけではありません。いっぴんスタイル。




蜂の巣
10.09.16 

蜂の巣

工房の軒下に蜂の巣を発見。アシナガ蜂です。すかさず、シューと一吹き。これで安心かと思いきやなんと翌日スズメバチがいるではありませんか。なんと巣を食べています。中にいる幼虫が目当てなのでしょうか。何かを噛み砕いているパチンという音が聞こえます。すげー、おそろしやー。




オープンアトリエ
03.09.16 

オープンアトリエ

オープンアトリエのお知らせです。パスポートの裏表ですが左側は大きなポスターになってます。その画面左上の赤い色の所。あれれ、いっぴん工房の工房のドアじゃないですか。どこかでこの大きなポスターをお見掛けになったらよーく見てみて下さい。




久しぶりの合板木工
27.08.16 

久しぶりの合板木工

先日漸く合板が手に入り数ヶ月ぶりに、マッサージ椅子といっぴんスツールを作りました。新たに合板を購入するに当たってのお試しをかねています。具合がよければ、まとまった量を購入します。今回の合板は木口がとっても良かったのでかなり期待していました。いざ作ってみると期待以上でもなく使えないというほど悪くもなく。手を掛ければ良い仕上がりになります。そうですね、購入しましょう。




いっぴん工房のススキ
20.08.16 

いっぴん工房のススキ

ススキが穂を出し始めました。またまた大きくなっている様に感じます。綺麗な形です。夜は窓を開けて寝ていると毛布が欲しくなります。秋の訪れを感じます。




秋の足音
13.08.16 

秋の足音

大山さんにお店番をして頂いて岐阜に帰省したんですが、暑さにビックリ。こちらの気候に慣れているせいかなんだか、ずーっと暖房が最強で点いてるみたいでした。車の温度計では40度を記録。あまり暑くてウソみたい。信じられない世界でした。毎日がこの暑さだと参ってしまいますね。体に気をつけて下さい。さて八ヶ岳に帰ってくると快適快適。そして既に秋明菊が。茎のしなやかで力強い形がとても綺麗。秋がやってきますよ。確か先週漸く夏になったばかりなのに。




素晴らしい造形
06.08.16 

素晴らしい造形

梅雨が明け八ヶ岳に夏がやって来ました。僕の解釈では梅雨が明けてからようやく夏です。しかも、9月になると秋の気配。ホントにホントに短くてあっけ無いほどはかない夏。毎年、台が原金精軒で街道に集う作家展をやっていたですが、昨年で終了。金子大将も秋に亡くなってしまい寂しい感じです。だから今年の夏は新たなスタートです。今のところお客さんが少ない感じです。ところで、花器に生ける植物を探していたらこんなにも良い形を見つけました。文句なし、美しい。ブラボー。それから、お知らせでも紹介しましたが来週、火、水、木と僕は工房を離れますが、いつも草刈や材料の世話をして下さっている大山さんがお店を開けて下さいます。大阪弁の個性的なおじさんです。大山さんに逢いに来てください。




大きいのやってます
30.07.16 

大きいのやってます

今、ベッド作ってます。大きいから広げると工房いっぱいです。構造考えながら作っているからなかなかたいへん。模型サイズだと簡単に出来ていたことが実際に作ると大きくて、重くて取り回しも悪くていやはや。こんなはずでは有りませんでした。もうとっくに出来ている予定なのに。コツコツ進めるのみ。




職業体験学習
23.07.16 

職業体験学習

今日と明日は中学の職業体験です。賢とお友達の二人がこうして仕事を体験しています。昨年は賢の先輩が来ていました。危険なことはさせられませんが出来るだけ色んな事をやってもらうつもりです。今はこんな感じで作品のオイル仕上げをしてくれています。がんばってねー。ビシバシいくよ。




花器も作っています
16.07.16 

花器も作っています

今、工房では色々な作品が並行しながら進行しています。これは花器、今月一日のお休みの時、安曇野で入手したフラワーベースをセットするものです。大まかなデザイン考えて木取りして組み立て加工までしたところです。ここまでは作業です。これからどんな形にするか考えながら部材を削り込んでいくところが楽しいところです。繊細でシャープな感じに挑戦しましょうか。頭の中は同時に進んでいる別の作品のことや、まだ決まってないデザインのこと、お待たせしているお客様のこと。課題が山積です。でもまあ、なんとかなるでしょう。はい。




まだ咲いています
09.07.16 

まだ咲いています

四月のブンカムラ展の時に頂いたランのお花です。さすがに少し元気がありませんがまだ咲いています。なんと、なんと3ヶ月以上咲いています。贈っててくださったIさま。ありがとうございます。こんな感じです。




貼ってみました
02.07.16 

貼ってみました

梅雨明け時から夏の初めにかけていつも虻君が大発生します。工房は開けて仕事してるのでそれはもう凄いんです。木のにおいにつられて来るのかわかりませんが大集合なんです。川から来るのか線路の土手から来るのか森から来るのかわかりません。ギャラリーだってうっかりドアを開けてたりすると大変です。なのでこんなの貼ってみました。何卒宜しくお願いいたします。ちくりと痛いくらいですがいつまでも痒くて少し腫れます。蜂とはちがい払わないと咬まれますのでパタパタ払って下さいませ。それから、昨日のお休みに安曇野に行ってきました。良い所でした。訪ねた木工屋さんもとても親切に対応して下さいました。お忙しい中有難うございました。安曇野は八ヶ岳とはまた一味違う爽やかさでした。そういえば虻もいませんでした。




ご紹介します
25.06.16 

ご紹介します

僕の大好きな小嶋伸、サチコさんの猫展がいつもお世話になっている小淵沢のリゾナーレ、ギャラリーフラッシュポイントさんで開催されます。今日6月25日から7月10日迄。昨日搬入だったから夕方にお手伝いに行ったら既にセッティングも終わっていました。逆にお土産頂いてしまいました。いやー、申し訳ありませんでした。恐縮です。さて、伸さんの懐かしくて温かい木で展開される猫の世界。幸子さんの皮で出来たバッグや小物達。じっくり見ればみるほど発見があります。チラシを写真撮ったから魅力が伝わりません。スミマセン。是非会場でご覧くださいませ。お店の電話番号が画面から半分切れてました。0551-36-5956です。またまたスミマセン。




ヤマボウシ、あっぱれ。
18.06.16 

ヤマボウシ、あっぱれ。

昨年は殆ど咲かなかったヤマボウシ。今年はみごとに咲いています。お花でびっしりです。なんだか誇らしげな感じがします。さて、先週ご紹介した自立型姿勢安定補助具ですが名前を色々考え考え、持ち手が鳥に似ている事と軽やかに寄り添う感じがするという事でバードステッキに決まりました。が、当初から懸念されていた転倒の可能性が拭いきれずもう一度じっくり考えてみたいと思います。改良されてみごと羽ばたくことが出来るのか籠の鳥で終ってしまうのか。工房関係者の皆様、お客様、どうぞお知恵をお貸し下さいませ。生みの苦しみがあればこそいい作品が出来るんです。なんて前向きなんだろう、僕。




これなんでしょう?
11.06.16 

これなんでしょう?

いっぴん工房のギャラリーでは家の中でくつろいだ感じで作品を感じて頂きたいので靴を脱いでスリッパに履き替えていただいています。靴を履く時だって靴べら使いながらフラフラしちゃう。そんな時、何か支えがあれば良いなと常々考えていました。お客様から簡単な支えが作れませんかってお声も頂戴していました。ただ万が一転倒してしまうのが怖くて二の足を踏んでいました。でも無いよりはあったほうが未然に防げる事故もあるかなって、おもいきって思って作ってみました。プロダクトのデザインしていた時に、世の中に送り出した製品の不具合に起因した事故があってはいけないと、あらゆる事象を想定し様々なテストを繰り返し万全には万全を期してデザインしていました。それに比べるとかなりゆるい基準だと思いますが日常の使用に対しては十分に対応できていると思います。安定を良くしようとすれば限りなくベースは大ききなるし重くなります。玄関のスペースを考えれば極力コンパクトにしたいし、移動する事を考えると極力軽くしたい。実に難しい線引きです。お求め下さるお客様の理解の上での販売となります。自立型姿勢安定補助具とでも申しましょうか。お助け棒なんて言ってる人もいます。靴べらがセットできるタイプも検討中です。いい名前募集中です。価格も検討中です。多くの方々に使ってもらいたいし、でも忙しいばっかりで体ばっかり辛いのもねえ。




ヒメシャラ
04.06.16 

ヒメシャラ

植木屋さんで5~6本あったヒメシャラの株立ち。植木屋さんを紹介してくださった金子さんがその中で一番大きなこの株を選んでくださいました。工房に移植して7年いやもっと経つでしょうか。さらに大きくなりました。その金子さんも昨年お亡くなりになり思い出の木となりました。ヤマボウシもドウダンツツジも一緒に植えたものです。ギャラリー前のヒメシャラが壁に映し出す影が美しいんです。ヒメシャラの葉っぱが小さくて好きなんですが影も繊細な感じで涼しげで良いんです。光が低くて正面から当たる時に映し出される影は黄色い壁いっぱいに映りこんで素敵なんです。また今度ご紹介します。




祝、巣立ちです
29.05.16 

祝、巣立ちです

10時位からなんか様子が違っててもしかしてって観てたらこの通り、今出てきたばかり。嘴が黄色くて体も黄色っぽくて、小さいんです。嘴が黄色いくせに生意気な、ってよく聞きますがこう言う事でした。ホントでした。嬉しいけどもう通ってくれなくなるのは寂しい。




大きな豆テーブル。チーク天板
28.05.16 

大きな豆テーブル。チーク天板

大きな豆テーブルをチークで作りました。脚はチェリーです。ブンカムラ展のとき大事にしまって置いたチークで大きな豆テーブルを作ったんですがお客様にお求め下さったのでギャラリーにはダイニングテーブルが展示出来ていませんでした。残り少ないビルマの天然チークですがおもいきって使いました。この天板作るのに幅50センチ長さ270センチ厚さ4,5センチの一枚板が2枚必要です。使ってしまっていいのかな?半日迷いました。大正解。とっても素敵。今まで縁貼りして6センチ位の厚みに見せていましたが厚さそのまま仕上がり4センチ、脚も細身にして軽快に。作っている時は華奢な感じになり過ぎるかなってかなり不安でしたが、こうして椅子と組み合わせるとなんとバッチリ。細身で軽やかな造形に気付かせてくれたイタリアに感謝。グラッチェ。だけどこの写真暗いですね。残念。