いっぴん便り


いっぴん工房より、
工房の様子を
毎週お知らせしています。

19.09.20 

おうち時間が楽しくなるテレビボード制作中

DSC_1038

今、制作中のテレビボードです。天板の幅は1300、高さは400、大きなテレビでもバッチリです。材はチェリーとウォルナット。右は収納ボックスです。扉はこれから作ります。取手のデザインがとっても大切。デザインは未定。なんかとっても素敵なデザイン考えます。

おうちで過ごす時間が楽しくなるようなテレビボードが出来たら良いな〜。




これからチェリーのキュリオケースを作ります。デザインは未定。
11.09.20 

これからチェリーのキュリオケースを作ります。デザインは未定。

昨日、ここまで出来ました。先ずは本体から作ります。ここ迄は材を製材してそれを剥ぎ合わせ箱に組み上げるただの作業です。これから、本当の仕事が始まります。

デザインが大切、扉それから天板、脚も新しい形にしてみたいです。これは、注文作品じゃないから自由に作っていいんです。その時のアイデアや閃きで自由にクリエイティブに。って言うとかっこいいですが、行き当たりばったりの思いつきに頼った出鱈目な、いやいや、良い加減な作品作りです。僕自身も完成が楽しみです。出来上がる迄、楽しい時間が過ごせそうです。




今年初の個展を開催します。
05.09.20 

今年初の個展を開催します。

ダイヤモンド八ケ岳美術館ソサエティーに於いて、個展をおこないます。

テーマは『おうちで楽しく』です。

期間は、来月10月17日から11月11日迄。かなりのロングランです。

春の個展が出来なかったから、久しぶりすぎて緊張します。そうそう、グーグーチェアや新しい作品も色々有るんです。これから、まだまだ制作します。

会場となるダイヤモンド八ケ岳美術館ソサエティーさんでは充分なコロナ対策を行っての開催となります。ご理解を頂き皆様のご協力をお願い申し上げます。

ダイヤモンドさんは会員制のとっても素敵な宿泊施設です。ご利用をご検討の方はいっぴん工房にご連絡ください。




何時に無く、てんてこ舞いな、いっぴん工房。ああ、忙しい。
29.08.20 

何時に無く、てんてこ舞いな、いっぴん工房。ああ、忙しい。

なんだかすごくバタバタです。工房も製作中の作品やら端材が散乱していてこんな感じです。

8月納期の作品たち。こんな時に限ってトラブルが起きるんですね。オイル仕上げの仕上がりが何時もより遅れる(通常、3回、約二週間で完了の工程が4回5回となり3週間かかってしまう)とか、発注ミスでパーツが届かない、とか色々あります。なんだか思った以上に時間がかかるんです。その遅れを調整する作業がさらに時間が取られてしまいまた遅れる元になる見事な悪循環。追い討ちをかける異常な暑さ。仕事のペースは上がりません。でも、きっと8月を乗り越えれば大丈夫なハズです。まあ、何時もこんな感じです。よくよく考えると原因は長すぎた梅雨なんです。材料の搬入が雨で予定通りに行きません、そして湿気を含んだ材料が落ち着くまで加工は出来ず、まあ、お天気には逆らえません。あと一回、8月の納品が完了すれば乗り切れます。詳細は未定ですが、ダイヤモンドホテルでの個展も開催できる運びとなりました。

なんだか良い方向に向かってきています。きっと大丈夫。涼しくなれば元気100倍。仕事も100倍。お酒も100倍飲んじゃおかな。

良い作品作りますよ。




ススキ
22.08.20 

ススキ

工房のススキはすでに穂が出て来ました。まだ8月なのに早いかな、9月のオープンアトリエの時にススキを飾っていた記憶があります。

小海線の土手の草刈りが入りました。JRさんの話ではコロナで収益が激減して草刈りに経費を掛けられないとの事。交渉の末、工房に隣接する土地の3メートルに限って草刈りを行ってくれることになりました。土手から草が迫って来ていたので少しスッキリしました。例年だったら、土手全体をバッチリ草刈りしてくれてたんですが。いろんな所にコロナの影響が及んでいます。今年のお正月の時は中国の一部の地域で起こっている事で他人事だと思っていました。オリンピックが延期になり、世界中がこんな状況になるとは微塵も思っていませんでした。

秋のダイヤモンドソサエティの個展も開催を決めかねています。

止まない雨はない、雨降って地固まる、ピンチの後にチャンスあり、です。凌ぐ時は焦らず、落ち着いて来るチャンスに備えるのみ。




秋の光を感じます
15.08.20 

秋の光を感じます

暑いです。実に暑いです。夜も暑かったですが、一昨日ぐらいからは窓を開けて寝てると明け方に寒さを覚えます。いつもの朝の玄関掃除をしていて、ふと日差しに秋を感じました。少し寂しさを感じます。この黄色いノボリ旗は北杜市で発行された商品券が2万円まで使えますよ、って旗です。8月に始まった企画ですが、まだ一人もお使いになる方がいらっしゃいません。お問い合わせ電話が1件あっただけです。




造形家具、置き看板リニューアル
07.08.20 

造形家具、置き看板リニューアル

ケヤキの一枚板に合板の切り抜き文字で作った看板が哀れな姿になっていました。長すぎる梅雨でダメージをさらに受けてまるで廃墟にある様な朽ち果てた看板になってしまいました。なんせ雨続きでケヤキの板がびちゃびちゃでタイミングを待っていました。板を削り直して新しい文字を貼り付けました。文字はグーグーチェアの枕を作って頂いている凄腕のH社長にお願いして、レーザーで加工してもらいました。ウンウン、バッチリです。社長、ありがとうございました。




梅雨明けでしょう
31.07.20 

梅雨明けでしょう

待ち焦がれていた青空。気持ちも明るくなります。やっぱり八ヶ岳には青空が似合います。わーい!勝手に梅雨明け宣言しちゃいます。




玄関にあったら良いかも
26.07.20 

玄関にあったら良いかも

玄関に手摺があると上がり框を登ったり降りたりするのが楽ですね、ちょっとした支えがあると頼りになります。手摺がつけられない場所だったら自立した杖みたいなものがあると良いかも、そう思い僕も以前、自立型の杖を作りました。円形の木のベースに柱を立てたものです。課題は安定性でした。安定性を求めればベースはひたすら大きくなり、解決策が見出せないままストップしていました。が、ふと閃きました。重さで安定させたらどうかな、この杖にベースの裏側には19ミリの鉄板の重りが仕込んであります。約7キロ。かなりの重さです。あまり重すぎても杖自体の移動が困難になってしまいます。まずまずの安定感が得られまています。良い妥協点かもしれません。新作が出来上がりました。グリップの所がアヒルの顔に見えるから「グースグリップ」です。玄関にあったら良いですよ。




リスだったかも?
17.07.20 

リスだったかも?

実はずーっと以前からパソコンの動きが遅くて困っていました。大げさに言えば何をするにも虹色のクルクルマークが出て来てただ待つのみ。せっかちな僕はイライラ、事務作業にも影響が出て効率が著しく落ちていました。今週の日曜日、突如ネットがクローズ、電話もアウト。一大事です。NTTに連絡して作業員の方に来てもらいました。その方の推測では原因はげっ歯類(リスやネズミ等)がコードをかじって光ケーブルが破損していたけど辛うじて繋がっていた状態でいて土曜日か日曜日についに断線したんじゃないかなー、とのことでした。パソコンの動きも修理してもらってから、サクサク動くしクルクルも出ないから気持ち良いです。電柱の横についてる黒い箱からカーブして出ている細い線が切れていたそうです。(これは写真ではわからないかも)いやいや、大変でした。マジ疲れた。

それから、キノコは長雨でスクスク育っています。怪しいけど美しいです。




息がきれる
10.07.20 

息がきれる

今日は久しぶりに徒歩通勤。雨続きでもう何週間も歩いていません。自宅を出発してから、ここまで約15分、(平山シルクロード美術館さんののところ)ずーっと上り坂です。今日は息がきれるし、足もだるくてきつい感じ。思った通り体が衰えています。すでに一仕事終わった感じ、疲れました。

ギャラリーのドアが湿気で伸びて、開け閉めに支障をきたしています。昨日もお客様がドアが開かないので鍵がかかっていると勘違いされたり、閉まらずに半開きの隙間からカナヘビが入ってきたりしています。木工屋の僕が言うのなんですが木のドアって問題ありです。湿気で膨らんで閉まらない、乾燥して縮んでスカスカ、日が当たり反って捩れて鍵もかからなくなってしまいます。どうしてもってお願いされたら、そこをしっかりご説明して、材はチークで、無い知恵絞って、狂って来ないようにドアに言い聞かせながら作っています。




雨でジトジト
05.07.20 

雨でジトジト

梅雨真っ盛り、ジトジトです。工房の看板のケヤキの板にキノコが生えてきました。黄色いキノコは不気味でもあり、なんか綺麗です。合板を糸鋸で切り抜いた文字も破損してきました。そろそろ手を入れないとまずい感じです。

雨が続くのは嫌ですね。水害も発生しているようです。心配です。スッキリとした青空が恋しいです。




新しいイス、名前はまだ無い
28.06.20 

新しいイス、名前はまだ無い

こんな椅子を作っています。テーマは軽やかに、シンプルに、美しく、そして新鮮である事。もちろん掛け心地は犠牲にできません。価格も抑えたいのであまり制作に時間がかかるような複雑な形は不向きです。いやはや難題、そして「いっぴん」らしくなくちゃ。         なんとか、形になってきました。大ぶりな座面、短い背もたれと後脚を一体化、後ろから見ると脚がクロスしています。なんかいい感じです。




ロゴ、リニュアルしました
20.06.20 

ロゴ、リニュアルしました

いっぴん工房のロゴをリニューアルしました。以前のロゴは僕が苦労に苦労を重ねて考えたものです。自分としては結構満足していました。今回制作した動画にも登場しますが、それを見た友人のデザイナーさんから、ロゴが工房のイメージに合ってないと思わぬ意見を頂戴しました。「ロゴがカクカクしていて柔らかな作品と合致していないよ」とのこと、フムフム、そうかも、言われてみればごもっとも。というわけで、リニューアルとなりました。っていうか、ぜーんぶお任せでやってもらいました。こーゆーのって細かい微調整が本当に大変で難しいんです。出来上がったのがこれです。まあるく優しい感じになりました。良い感じです。動画のロゴも急遽差し替えてもらいました。デザイナーのN君、ありがとうございました。今度八ヶ岳に遊びに来たら、ウンとご馳走しますね。新鮮なとれたて野菜でおもてなし。もぎたてのトウモロコシの甘いこと、トマトやキュウリ、何と言っても枝豆にビールなんて最高なんです。




NEW玄関椅子作ってます
13.06.20 

NEW玄関椅子作ってます

これは新しい玄関椅子です。テーマは「この上なくシンプルに、」です。玄関椅子はすでにいくつか作っていて、それなりに需要があるアイテムです。作りながら、使いながら改良していきます。

梅雨に突入しました。いつもだったら梅雨入りが発表されると晴れが続いて、空梅雨だとか言って、梅雨が明けたら雨が降るみたいな感じでした。今年はちゃんと6月に梅雨って感じ、うっとしいけれどなんかホッとします。そんな天気ですが、良い玄関椅子を作って気分は快晴、って感じにしたいです。




夏が来たみたい
05.06.20 

夏が来たみたい

ここ数日は実に暑い。先週は、時々ストーブを炊いていたのに。なんという寒暖差でしょう。セミも鳴くようになったし、木々の緑だってこの通りすっかり大人の色になりました。動画撮影でドローン飛ばしていた一月前とは全く違う様子です。これから、梅雨に入るとまたグッと寒くなったりして。気温の変化が激しくて、なんだか疲れちゃいます。あと一月もすると7月です。夏です。いやいや、あっという間です。

てっことはあっという間にお正月。なんか恐ろしい速さです。




キツネがいました
29.05.20 

キツネがいました

今日も徒歩通勤です。家を出て間も無く、離れたところにキツネが歩いていました。写真を撮ろうとスマホを向けたら僕に気がついてこんな感じになりました。わかりますか。目一杯の望遠なんでボケてますが。もう一枚は鹿です。車で帰宅途中、前を横切る数頭の鹿に遭遇、暗闇に目が光っていました。




いっぴん工房、YouTube動画が出来上がりました
22.05.20 

いっぴん工房、YouTube動画が出来上がりました

いっぴん工房の動画が出来上がりました。30秒、3分半、14分半のスリーバージョンあります。YouTubeのいっぴん工房で検索、造形家具「いっぴん工房」CMとか家具製作工程ドキュメントとかがそうです。ぜひご視聴下さい。

さて、僕が大好きなオダマキが咲いています。数年前はもっと一杯在ったのに、タネを集めて撒いたりして増やしたかったんですがどうやら減少傾向です。なんとかして、一面オダマキの紫の花で覆い尽くしたいです。

CM 30秒バージョン
CM 200秒バージョン
家具製作工程ドキュメント



空っぽの巣箱
15.05.20 

空っぽの巣箱

春先からこの巣箱は大人気でした。シジュウカラがなんども出入りしていて住んでくれると思っていたら、ヤマガラが来るようになり巣箱の取り合いになりました。見ているとなかなかのバトルです。ヤマガラは色合いも綺麗で、何しろ初めての鳥なので僕はヤマガラを応援していました。この取り合いはしばらく続き。まだやってるよって感じで見ていました。結局どちらも入らず、今は空き家になっています。期待していたので残念。




念願の枕が出来上がりました
09.05.20 

念願の枕が出来上がりました

昨日、待ちに待ったグーグーチェア、ウトウトチェアの枕が届きました。それも製作を依頼した会社の社長さんが自ら届けてくださいました。僕のイメージを上回る素晴らしい出来栄えです。プロの仕事ってすごいな〜、素直に感激です。さりげなく出来上がっているから凄さがわからないかもしれませんが、あらゆるところに技と工夫が凝らされているんです。僕もこんな仕事ができるようにますます努力しなくちゃ。

良い方と巡り合うことができました。H社長ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。新たなる展開の予感を感じています。